書籍紹介

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月20日 (土)

ボランティアが復興を妨げる

ハミルトン大学(カナダ)の経済学者山口さん@sy_mcツイートから。

ボランティアが被災者の自立を阻害する?!~震災5ヵ月後のボランティアのあり方を問う
http://kasakoblog.exblog.jp/15291070/

「弁当プロジェクト」は被災地経済を救う
http://rescuenow.nifty.com/cs/column/detail/080701000770/1.htm

東日本大震災からの復興に向けたキャッシュ・フォー・ワーク(CFW)の提案
http://disasterpolicy.com/shingoblg/?p=166

「気持ち」は大事だけど「気持ち」だけではダメだということ。
何が必要か、何ができるか、何をすべきか、を論理的、実効的に考えること。
実効的な仕組み、制度設計を考えること。

そうそう元千葉ロッテマリーンズ荒木さんのこれもとても大事な、そして有効な試みだと思う。

ホット横丁石巻
http://ishinomaki.hotyokocho.com/


ということで来週、被災地仙台にお金を落としに行ってきます!

被災地温泉旅館の悲哀~被災地旅行はダイレクトな義援金
http://kasakoblog.exblog.jp/15254106/

2011年8月19日 (金)

高崎CTBT検出器のセシウム汚染(よい話)

@hayano先生のツイートから

1.【極めて重要 熟読・拡散】「CTBT高崎観測所の放射性粒子(セシウム)データのブランク試験」http://www.cpdnp.jp/pdf/110818Takasaki_report_revise.pdf いつまでも下がらない高崎CTBTのセシウム,不思議だと思っていたが,装置が汚染されていたことが判明!
2.【高崎CTBT検出器のセシウム汚染】セシウムが減らない,不思議だな,と思っていたが,実は検出器の汚染だったことが判明.本当はセシウムは刻々減っていたんです.汚染補正前と補正後のグラフ→ http://t.co/lZgijss


検出器の汚染だったんですね。。

雨が降ると空間線量は高くなる

■豪雨でさいたま市発表の空間線量が上昇したと言うことで小騒ぎに。(2011/8/18)

@DiverAkinoriさんのツイート(野尻先生のツイートから)

1.雨が降ると最大BGの3~4倍の線量率になるのは常識。/ 2.環境放射線変動要因に関する説明は、ここに http://t.co/ZmuCA4r 観測例は、ここ http://t.co/tMJoSvR3.もっとわかりやすい、降雨と環境放射線量率の変動の例は、ここにある。http://t.co/sfvo2WI

→一件落着。

@hayano
東京,雨がおさまってきた.それとともに新宿百人町の空間線量も減少中.今日の雨では,各地で天然放射性物質ビスマス-214による線量上昇があった.新宿のデータにも鋭いピークが →http://t.co/nurpHQ4 (奥村先生 @h_okumura 作)

【雨とビスマス】何度も同じ事書くの飽きたので,宮城県の図入りのページにリンクしますね → http://t.co/FtGPnCO


早野先生、ご苦労様ですm(_ _)m


(2011/8/19追記)

スポーツルールの社会学(スポーツ教育学)テーマ一覧

ども(誰に?)
スポーツビジネス論・マネジメント論のシラバスをうぷしておりますが、下記はスポーツ社会学系の講義のテーマです。こちらのシラバスも近々(SD±1年(爆))うぷ予定ですがご参考までに(だから誰に?)。

アイスホッケーにおける制度化された暴力とその社会構造
ジェンダーとスポーツ 競技能力における男女差の社会的意味
スポーツにおけるドーピング 筋肉の鎧をまとった脆弱な自意識
アスリートか障害者か 進化する障害者スポーツとその課題
リアルファイトの神話と構造 プロレスのビジネス環境変容の社会心理学的背景
大相撲の八百長問題 大相撲の制度と八百長
野球界の仕組み(1) 西武ライオンズの裏金問題
野球界の仕組み(2) 高校野球における特待生と野球留学
野球界の仕組み(3) ”ボールの仕組み”
松井秀樹5打席連続敬遠の背景
プロ野球における故意四球 タイトルを獲得するための故意四球の社会的背景
「0対122」 大差の試合はなぜ賞賛されるのか?
アスリートのキャリア 社会弱者としてのアスリート

実際の講義は順不同で1テーマにつき2~3時間かけるものもあります。

その他、近々(SD±半年orz)、早稲田大学の寒川恒夫先生編著で大学院時代の仲間と一緒に「近代日本をつくったからだ」というタイトルの書籍を刊行予定です。
こちらでは「旧制高校と帝国大学における運動部員の思想・規範・身体 ~ バンカラから体育会系へ ~」という原稿を書いています。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

ツイッター