書籍紹介

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 東葛ホットスポットのまとめ | トップページ | サーベイメータ »

2011年6月 9日 (木)

放射性物質の拡散について

こちらも自分自身のメモ。随時修正します。


■ヴィジブル インフォメーション センター社による拡散予測シミュレーション広域版

@hayano
【ヴィジブル インフォメーション センター社による拡散予測シミュレーション広域版】http://bit.ly/ks3f0w (以前公開た福島第一近郊版 http://bit.ly/kbjPZO とセシウム降下量 http://bit.ly/l0uCno の続編)

ヴィジブル インフォメーション センター社による拡散予測シミュレーション広域版
http://www.vic.jp/fukushima2/index.html

福島第一近郊版
http://www.vic.jp/fukushima/index.html
セシウム降下量
http://www.vic.jp/fukushima/global/global.html

(2011/6/23追記)


原発事故の時系列推移についてはこちらを参照。

原子力緊急事態・時系列(3月11日~14日)
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/fukushima_nuclear_plant/wiki_header/?hn=7

原子力緊急事態・時系列(3月15日~18日)
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/fukushima_nuclear_plant/wiki_header/?hn=8

@hayano 氏による連続tweet - 福島で 3/15に何が起きたか?
http://togetter.com/li/119437

放射性物質「3月15日に福島原発より大量放出。以降、大気への大量放出は起きていない」早野龍五教授が最近の測定とシミュレーションで結論 http://getnews.jp/archives/108522

日本分析センター発表について:Xe-133(半減期約5日)は,ヨウ素131などと同様,核分裂片.使用済みプールからは出ない.3/16を最後にXe-133は見えていない→大放出は無い. http://plixi.com/p/8869618
http://twitter.com/#!/hayano/status/53935492772798464

日本分析センター 福島第一原子力発電所 事故関連
http://www.jcac.or.jp/fukushima.html
http://www.jcac.or.jp/lib/senryo_lib/nodo.pdf

3/21に鋭い大量放出があったことは各地のデータから明らかなのに,福島第一のモニタリングでは捕捉されていない. http://twitter.com/#!/hayano/status/74639910434377728

牧野さんは早川さんが解釈を変えたと言ってるんだけど、
http://jun-makino.sakura.ne.jp/Journal/journal-2011-05.html
これって逆説的表現ではないのかなあ。
福島第一のモニタリングで補足されていないのに21日に大放出があったかのうような観測が各地でなされるのはなぜか?
まあわかりませんが。

→逆説的表現ではなかった模様。下記参照(2011/6/30追記)


東電による第一原発モニタリングカーの結果をみると
http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu11_j/images/110608b.pdf
21日特に値が高くなってるわけではなさそうだけど・・

とはいえ飯舘村の汚染は早野さんの関東迂回説より牧野さんの説明の方が合理的にみえるなぁ
http://jun-makino.sakura.ne.jp/Journal/journal-2011-04.html#4

ただこのgradiの15日のシミュレーションをみると、
http://www.kfcr.jp/gradi.html
関東を迂回したというより福島上空を漂ってた放射能雲の塊がそのまま北西方向に向かって雪で落ちたという感じにみえる。まあこれはほぼ牧野説になるか。

というより21日の放射線の上昇は雨によるものということだけど、そのとき落ちてきたのは新しく第一原発から放出されたものなのか、あるいは15日大放出によって空気中に漂っていたものが落ちてきたのか。
上記gradiのシミュレーションは22日に放出があったものとして計算されている。というより平生から放出されていると仮定されているのかな?

→実際は24日頃までだらだらと大きめの放出が続いていた模様。下記参照。(2011/6/30追記)


荻窪の校庭から放射線管理区域並の土壌汚染が検出される
http://togetter.com/li/146004
実際は5cm採取が必要なところ2cmだったので数値は参考程度。とはいえ高いのは確か。
子供の幼稚園のが気になる。
(2011/6/10追記)


福島県下の土壌中の放射性ストロンチウムの測定結果
http://naomemo.cocolog-nifty.com/macdecocolog/2011/06/post-522c.html
(2011年度6月12日追記)


@hayanoryugo

【保安院 福島第一から放出された放射性物質の拡散状況を把握するための試算の公表 6/11】http://bit.ly/lEx4Hm ここに掲載されているPDFよりも,こちらのhtmlを見るほうが良い→ http://bit.ly/jBBBFI
http://twitter.com/#!/hayano/status/79782674511822848

東京電力福島第一原子力発電所から放出された放射性物質の拡散状況を把握するための試算の公表について
http://www.meti.go.jp/press/2011/06/20110611002/20110611002.html

福島第一原子力発電所における放出時期の影響について確認するために行った計算結果一覧
http://www.nisa.meti.go.jp/earthquake/speedi/230611/230611.html

(2011/6/12追記)


原発北西で高い線量…放射性雲と雨で地表に
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110613-OYT1T00752.htm
(2011/6/14/00時45分 読売新聞)

関東迂回説ということではないということかな?


2011年3月20日、隠蔽された3号機格納容器内爆発
早野さんは3/15日放出分の関東迂回説は撤回しており、今は3/21には別の放出があったと考えているらしい。

ishtarist 岡田直樹 @hayano 不躾ながら質問よろしいでしょうか?以前に、大規模放出は3/15以降なく、3/21のフォールアウトは雨によるものだ、という説を提唱されていたと記憶しております。その後、5月末のツイートを拝見したところ、20日前後に放出があった可能性を示唆されているように見えました。 http://twitter.com/#!/ishtarist/status/86025459539779584

ishtarist 岡田直樹
@hayano 当初の説は、撤回されたと考えてよいでしょうか?それとも、まだ、可能性としてはありうると考えていらっしゃるのでしょうか?くだんの説は、社会的影響力が非常に大きく、そのまま信じている人が多いため、現在の早野先生の見解を是非お訊きしたく存じます。
http://twitter.com/#!/ishtarist/status/86025900604407808

hayano ryugo hayano
@ishtarist ご質問ありがとうございます.3/21早朝ににプルームが茨城を通過した様子など,これまでにも繰り返しツイートしております,3/15の物とは別のプルームが南下し雨によって地面に落ちました.
http://twitter.com/#!/hayano/status/86027713198043136

ishtarist 岡田直樹
@hayano お返事ありがとうございます。ということは、15日までに放出されたという以前の説は、基本的には撤回されたと考えてよろしいでしょうか?
http://twitter.com/#!/ishtarist/status/86031356634742784

hayano ryugo hayano
@ishtarist はいtwilogをまだ調べてないのですが,かなり前にそのように認識しました.
http://twitter.com/#!/hayano/status/86032057393881088

ishtarist 岡田直樹
@hayano 了解しました、お手数おかけいたしました。ありがとうございます
http://twitter.com/#!/ishtarist/status/86032239808352256

ちなみにこのブログの作者の岡田さんは社会学者のようなのだが、かなり詳細な分析をしている。一部?というところはあって「格納容器内爆発」というのはどうかなと思うのだけど、それに近い事象があったのかもしれない。再臨界はうーん。
(2011/6/30追記)


早野先生のtwilogから「茨城」で検索。

@hayano
(参考:再再々掲)3/21の午前4-5時に茨城を通過した放射性物質を含む空気塊の様子 http://bit.ly/jaWZfq と,シミュレーション http://bit.ly/laAZkl(3/21の朝の放出が福島第一正門では補足できていないことがシミュレーション精度に影響)
http://twitter.com/#!/hayano/status/73923069764317184

3/21の午前4-5時に茨城を通過した放射性物質を含む空気塊の様子 http://bit.ly/jaWZfq

福島第一発電緊急事態 大気放出に係る事故解析 結果

(2011/6/30追記)


■東工大・牧野さんのプレゼン「福島原発事故で起こったこと─シュミレーションから考える

大規模放出は3/15-16と20-21(詳細不明)

(2011/6/30追記)


■牧野さんのツイート

@jun_makino
http://www.kantei.go.jp/jp/topics/2011/pdf/app-chap06.pdf 添付 VI-1  ヨウ素 131 とセシウム 137 の大気放出量に関する試算 だと、

    http://twitter.com/#!/jun_makino/status/86002847895916544

    福島第一原子力発電所2号機の取水口スクリーン付近
    のコンクリート亀裂部からの流出量について

    @jun_makino
    3/15 は、 10^16Bq/h 、 6 時間の放出
    http://twitter.com/#!/jun_makino/status/86002852861984768

    @jun_makino
    その後は 3/24 までずっと ( であることに注意 ) 10^14-15Bq/h
    http://twitter.com/#!/jun_makino/status/86002857458933760

    @jun_makino
    その後はオーダーが下がるが放出は続く となっている。これ自体は安全委員会の 4/12 発表による、とのこと。
    http://twitter.com/#!/jun_makino/status/86002864404692992

    @jun_makino
    ということは、安全委員会と保安院の見解は、 3/15 だけに放出があったわけでも 3/21 に鋭いピークがあったわけでもなくて、 3/24 までずっとだらだら放出 していた、というもの。
    http://twitter.com/#!/jun_makino/status/86002869106524160

15日から24日までだらだらと放出、その後減少。
ちなみにこの間、東京(新宿)の空間線量は0.15μsv/hまで上昇。
その後の減衰はヨウ素の減水率とほぼ一致?
つまり新たな放射性物質の飛来はほとんどないようだ。
#新宿のデータは値が低いとか言われてるけど、こんな感じで原発事故以前からの数値を相対的に比較するためのもの。


異論?

@yoh_tanimoto
@a_watcher @MasakiOshikawa @ishtarist 保安院の解析はこれmeti.go.jp/press/2011/06/… だと思いますが、どのケースを見ても最長で144時間、3/17日までです。ほかの解析はあるのでしょうか?@jun_makino
http://twitter.com/#!/yoh_tanimoto/status/85982144832352256

東京電力株式会社福島第一原子力発電所の事故に係る1号機、2号機及び3号機の炉心の状態に関する評価について

(2011/6/30追記)


(こちらは過去記事)
■@hayano 氏による連続tweet - 福島で 3/15に何が起きたか?
http://togetter.com/li/119437
東京大学理学部の早野教授によれば、3月15日の福島第一原発2号機の水素爆発によって放出された放射性物質は北西の風に乗って関東を迂回しその後福島に戻って3月21日の雨で飯館村に落ちたと推測しています。
この推測が正しいとすると、雨のタイミングによっては東京を含む関東のどこかに飯館村と同様の線量の地域が現れてもおかしくなかったということになりますが、その後の補足で大放出後の放射性物質の経路は2つあり、飯館村に落ちたのは別経路ではないかという推測も。
2011年4月7日(木)

Air flow to Tokyo on 22-Mar 2011

■@hauano
@hayano
(本学の某先生が,近々福島第一2号機で水素爆発が起こり,東京がパニックになるのが怖いと言われたとか,風の噂が届いたが,ちゃんとデータ http://toofuya.blogspot.com/ を見てのことだろうか.心配.)
Fukushima Dai-ichi Nuclear Plant Parameters
http://toofuya.blogspot.com/
2011年4月2日(土)

■@hayano
@hayano
ryugo hayano
【海の汚染を推測するシミュレーション】出つつあります.http://bit.ly/eFNm3C とか,http://bit.ly/hqHSGW .


■@hayano
@hayano
(参考出品)モニタリングカーが測定した空間線量率 http://bit.ly/gqShaD と,SPEEDIの計算結果 http://bit.ly/e71c0M を重ねてみた.考察は各自で. http://plixi.com/p/88549770
2011年4月1日(金)

(つづく)

« 東葛ホットスポットのまとめ | トップページ | サーベイメータ »

震災関連」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 放射性物質の拡散について:

« 東葛ホットスポットのまとめ | トップページ | サーベイメータ »

ツイッター