書籍紹介

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 震災原発事故関連 | トップページ | 放射性物質の拡散について »

2011年6月 7日 (火)

東葛ホットスポットのまとめ

東葛地域が周辺よりも放射線量が高い「ホットスポット」になっている件のまとめです。
※この記事は僕の半分は僕のメモ用です。随時修正変更していきますのでご了承下さい。

流山市独自での放射線量調査の結果(2011年6月9日)
http://www.city.nagareyama.chiba.jp/top/hosyano_top.html
流山市TOP>放射線量率の測定結果について
http://www.city.nagareyama.chiba.jp/top/hosyano.html
流山市が放射線を測定しています。
「各地の放射線量は、文部科学省が示している校舎・校庭等の利用判断における暫定的な目安(1時間あたり3.8マイクロシーベルト)、さらには、放射線量低減策を実施する場合の指標(1時間あたり1マイクロシーベルト)を下回りました。」
というのはツイッターの危険厨には通用しないだろうな。

マップにしたものはhttp://maps.google.co.jp/maps/ms?hl=ja&brcurrent=3,0x6022185bef27c217:0x9a4afb839b78c580,0&ie=UTF8&view=map&ctz=-540&source=embed&msa=0&msid=209018975700542766571.0004a546e088a85a6cebf&ll=35.890719,139.911919&spn=0.083441,0.102997&z=12">こちらhttp://maps.google.co.jp/maps/ms?ie=UTF8&hl=ja&brcurrent=3,0x60189b955f3943ad:0x89374cc7efba088f,0&msa=0&msid=209018975700542766571.0004a5460baa9ccc49f04&ll=35.873439,139.927343&spn=0.09737,0.145912&z=12&source=embed">こちら

(2011/6/18追記)


群馬大学で火山学がご専門の早川由起夫さんのブログ
http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-385.html

地図の直リン

すべての出展が明記されていませんが、公的、私的なさまざまな測定値を使っています。
測定器や測定方法は統一されてないようです。

ホットスポットを線で囲んでいますが東京大学柏キャンパスと並んで江戸川大学がど真ん中に(^ ^;)

こちらの@ninstarさんの地図の方が見やすく、また出展が詳細に記されています。
http://www.nnistar.com/gmap/fukushima.html


■早川由起夫さんによるトゥギャッター

東葛汚染スポット発見と社会的認知の経緯
http://togetter.com/li/141497
よい仕事をしていらっしゃいます。「4月9日に自分が最初に見つけた」という自慢と「東京は大丈夫といってた連中は反省せよ」という後出しじゃんけんが鼻につきますがw

#せっかくよい仕事をしているのだからもう少しうまく表現したりコミュニケートすればもっといろいろスムースにことが運ぶと思うのだけど、良くも悪くも研究者とはこういうものですからw
#ただ彼がこの件でKEKの野尻先生を「安心デマを広げている」とdisるあたりは(偏った見方です)むしろ研究者らしくないナイーブな振る舞いにみえます。まあ人それぞれいろいろあるのでしょう。


一方、6月2日には日本テレビが東葛ホットスポットの話題を取り上げたということです。
柏がホットスポット 日本テレビ6月2日夕方ニュース
http://togetter.com/li/143430


■市民の要望を受けて自治体も独自に測定し始めています。

松戸市
http://www.city.matsudo.chiba.jp/var/rev0/0009/1594/201161171452.pdf

柏市による市立幼稚園、小・中・高等学校における空間放射線量の測定結果
http://www.city.kashiwa.lg.jp/soshiki/270100/p008507.html
測定場所:校庭・園庭内の中央付近(土)
測定機種:富士電機株式会社 型式NHL2 「はかるくん2」
説明文の表現が変わりましたね。
「しかしながら、問題の長期化が懸念される中、学校等における早期の安全対策の実施を求めるご意見、ご要望も多数寄せられております。こうしたことから、今後、国、県及び市で新たな指針、対策等が示されるまでの当面の対策といたしまして、お子様の被曝量を少しでも少なくするための対策を検討、実施してまいります。具体的な対策につきましては、早期に実施が可能なものからとなりますが、近日中に各学校を通じて保護者の皆様にお知らせしてまいります。」(2011年6月10日追加)

野田市長が国に申し入れをしています。(2011年6月6日)
http://www.city.noda.chiba.jp/osirase/pdf/20110311jisin-219-2.pdf
「年間1ミリシーベルトを超えていますが、市民生活や学校生活は心配なく送れるのかご教示願います。」
「年間1ミリシーベルト以下を目指すとしていますが、現時点で超えている場合、市や学校ではどのような放射線量低減策を講じたらよいかご教示願います。」
「1時間当たりの放射線量の計算式における屋外活動時間を1日8時間としておりますが、幼児や児童生徒の教育活動や帰宅してからの生活実態を考慮すると、屋外活動時間8時間は長すぎると考えますが、この根拠をご教示願います。」
(2011/6/10追加)


■ちなみに一般の方で本学近くを測定している方の地図がこちら
柏周辺ホットスポット疑惑地図

こちらはかなり高い数値になっています。
放射線測定は結構難しいらしく、測定機種や測定方法によってかなり値がブレます。
一般の方が間違った測定方法で測ってみたら数値が大きかったのでびっくりして騒ぎ出すということが、ツイッターなどで一時期頻繁にみられました。

#有名なのはソフトバンクの孫さん・・
もしかして:孫正義@masason はガイガーカウンターの使い方を間違えて、間違った高い数値を出してる
http://togetter.com/li/137165

■柏、松戸、流山、三郷のホットスポット

(つづく)

« 震災原発事故関連 | トップページ | 放射性物質の拡散について »

震災関連」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東葛ホットスポットのまとめ:

» 東京・江東区のグラウンド、福島市に匹敵す... [放射線から家族を守る 便利な災害対策グッズ]
http://hatsukari.2ch.net/test/read.cgi/news/1307854512/l501:名無しさん@涙目です。(dion軍):2011/06/12(日)13:55:12.77ID:/bKie7Ec0?PLT(12048)ポイント特典http://www.news-postseven.com/archives/20110612_22808.html6月7日、東京都... [続きを読む]

« 震災原発事故関連 | トップページ | 放射性物質の拡散について »

ツイッター