書籍紹介

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« サーベイメータ | トップページ | 放射線マップ »

2011年6月18日 (土)

大学教員の給料

大学教員の給料に関するメモです。

主要10私立大学教員の給与
http://f.hatena.ne.jp/daigaku-syokuin/20090531232525

一部の上位校の給与です!
これが私立大学の教員の平均的な給料だと思われるとえらい迷惑ww
本学のように比較的歴史の浅い私立大学では国立大学の教員の給与に準じているところがけっこう多いようです。
(2011/6/18追記)

ブログ「教授をめざせ!」2006-03-10 大学教員の給与2
http://d.hatena.ne.jp/tenure/20060310
京都大学生存圏研究所 中村卓司助教授のホームページの記事:http://www.kurasc.kyoto-u.ac.jp/radar-group/members/nakamura/kyuryo.html
より概略。

417万(29歳)→468万(30歳)→535万(31歳)
→557万(32歳)→627万(33歳)→674万(34歳)
→703万(35歳)→728万(36歳)→864万(37歳, 助教授)
→939万(38歳)→955万(39歳)→947万(40歳)


いまの僕よりちょっと高い。
独法化して大学間で給料に格差が生じているし、少しずつ変わってきているようだ。

(2011/6/18追記)

これが私の給料だ!文部科学教官助教授、中村 卓司氏の場合.
http://www.kurasc.kyoto-u.ac.jp/radar-group/members/nakamura/kyuryo.html

うわ。

(2011/6/18追記)

平成21年度 国立大学教員の「人数・年齢・年収」一覧(国立大学職員日記)
http://blog.goo.ne.jp/la_old_september/e/300ec77130f71cd49022f8694d93f1f0

(2011/6/18追記)

 

« サーベイメータ | トップページ | 放射線マップ »

コラム」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大学教員の給料:

« サーベイメータ | トップページ | 放射線マップ »

ツイッター