書籍紹介

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 自然放射線量(バックグラウンド) | トップページ | スポーツビジネス論Ⅰ 第1回 スポーツビジネスの定義と分類 »

2011年6月26日 (日)

被曝線量の計算について

こちらもメモですので随時更新予定。


環境放射線モニタリング指針 (平成20年3月、原子力安全委員会)
http://www.nsc.go.jp/anzen/sonota/houkoku/houkoku20080327.pdf
@hayano
【1cm線量当量率を表示する個人線量計とモニタリングポスト等の空気放射線量率の定義の違い】環境放射線モニタリング指針 http://bit.ly/lAXIHB の42頁,脚注も含めて読む.

あとで読む。

(2011/6/26追記)


ICRP勧告(1990年)による個人の線量限度の考え (09-04-01-08)
http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_Key=09-04-01-08
早野先生のツイートから
これはちゃんと読んでおきたい。

@hayano
http://bit.ly/jCvY0o でZ4511を検索すると変換係数が読める. @Mihoko_Nojiri: そういうの変換係数もらえないと暴動おこるとおもうなぁ(~~) RT @hayano: (1mSv/年は実効線量限度.http://bit.ly/iWRwDI )

@hayano
ScienceDirectにアクセス出来るなら,ICRP Pub 74の表はここ → http://bit.ly/jvfygi 解説は→ http://bit.ly/lvf78s @Mihoko_Nojiri: そういうの変換係数もらえないと暴動おこるとおもうなぁ(~~)

(2011/6/26追記)


実効線量について(weblio)
http://www.weblio.jp/content/%E5%AE%9F%E5%8A%B9%E7%B7%9A%E9%87%8F
野尻先生のツイートから
(2011/6/26追記)


■文部科学省「簡易型積算線量計によるモニタリング実施結果(その4)(概要)」(2011/6/23)
@hayano
「【MEXT 福島県内学校の先生が着用した積算線量系のモニタリング結果 6/23版】http://bit.ly/lNL3BC 校内での被曝平均年間で0.2mSvと予想.」
(以下引用)
○ 測定の結果、教職員が受けた積算線量(時間平均)は、0.03~0.3μSv/h で推移し
ており、55 校園の平均値は 0.1μSv/h であった。学校滞在時間を 1 日 8 時間、年間
200 日と仮定すれば、報告された 55 校園の平均では年間約 0.2mSv(約 0.05~約 0.5
mSv)の線量を受けることが予測される。
注)報告された 55 校園は、4 月上旬等に福島県が実施した調査において校庭 1m高さの空間線量率 3.7
μSv/h 以上(最高値は 5.4μSv/h、平均値は 4.1μSv/h)が測定された学校等であるが、その後校庭等
の表土除去等が 41 校園において行われた結果、6 月 16 日に文部科学省が実施した調査において 55 校
園の校庭等の 1m高さの空間線量率は、平均で 0.6μSv/h(0.2μSv/h~2.2μSv/h)となっている。
(引用終了)

平均0.6μsv/hのところで実際に被爆する線量が平均0.1μsv/h、積算で0.2msv/y。
これは学校でのみの被爆(1日8時間×200日)。
また、食物などを通じた内部被曝量は考慮されていない。
しかしそれでも単に空間線量を×24時間×365日したものに比べるとかなり小さいという印象。まあ校舎内の線量は屋外よりも小さくなっているわけなので。

(2011/6/26追記)


@kikumaco菊池誠
@Mihoko_Nojiri 預託実行線量には核種の違いも体内に留まる時間も含まれてるから、単にあれを足し算すればいいだけ。内部被曝で体内に留まっている時間の分も既に計算に含まれているというのは強調していい話

http://twitter.com/#!/kikumaco/status/79070922711117824
(2011年6月12日追記)


個人線量の求め方
http://senkei.c-technol.co.jp/src/manual/monitoring/8-1kosenryou.html
(2011年6月12日追記)


宇宙線実験の覚え書き
福島県内 4,400 箇所の放射線量を可視化して、ついでに年間積算被曝量も推定してみた
http://d.hatena.ne.jp/oxon/20110426/1303810008


フクシマ放射線量の評価と対応
http://togetter.com/li/124390


フクシマからの放射能【都内限定】
http://togetter.com/li/124390

« 自然放射線量(バックグラウンド) | トップページ | スポーツビジネス論Ⅰ 第1回 スポーツビジネスの定義と分類 »

震災関連」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 被曝線量の計算について:

« 自然放射線量(バックグラウンド) | トップページ | スポーツビジネス論Ⅰ 第1回 スポーツビジネスの定義と分類 »

ツイッター