書籍紹介

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年3月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月30日 (木)

東電原発関連

こちらは個人的なメモの意味が大きいです。まとまった読み物には鳴ってませんし、随時更新してます。


放射線モニタリング

放射線マップ

被曝線量の計算について

自然放射線量

放射性物質の拡散について

東葛ホットスポットのまとめ

サーベイメーター

2011年6月28日 (火)

スポーツビジネス論Ⅰ 第5回 観戦型スポーツ産業 Jリーグのビジネス

第5回 観戦型スポーツ産業 Jリーグのビジネス

----------------------------------------------------------------------
4_2
----------------------------------------------------------------------
5_2
----------------------------------------------------------------------

なぜJリーグはリーグへの加盟条件に、クラブ経営に関する条件を厳しく設定しているのだろうか?

■Jリーグクラブの収入源

20
----------------------------------------------------------------------

■Jリーグの観客動員数ランキング

2010年J1
http://www.qoly.jp/index.php/topic/136-201012/2140-2010j1-attendances

2010年J2
http://www.qoly.jp/index.php/topic/136-201012/2146-2010j2-attendances

2011年J1
http://www.qoly.jp/index.php/topic/152-201106/4120-j1-attendances

----------------------------------------------------------------------
21_2
----------------------------------------------------------------------
22
----------------------------------------------------------------------

Jリーグクラブはスポンサー収入(親企業の補填?)への依存度が高い。
Jリーグの親企業への依存についてはこちらも参照。ただしやや見方が偏っている。
サンフレッチェ広島に関する記事

----------------------------------------------------------------------
25
----------------------------------------------------------------------
27
----------------------------------------------------------------------
29
----------------------------------------------------------------------
30

2009年度Jクラブ情報開示資料の概況説明
http://www.j-league.or.jp/aboutj/jclub/keiei.html

----------------------------------------------------------------------
32
----------------------------------------------------------------------

■Jクラブのステークホルダー

----------------------------------------------------------------------
35
----------------------------------------------------------------------
36
----------------------------------------------------------------------

■公益団体としてのJリーグ -Jリーグのトリプルミッション-

----------------------------------------------------------------------
39
----------------------------------------------------------------------

Jリーグ百年構想も参照。

----------------------------------------------------------------------
42
----------------------------------------------------------------------
43
----------------------------------------------------------------------
44
----------------------------------------------------------------------
45
----------------------------------------------------------------------
52
----------------------------------------------------------------------

■参考文献

----------------------------------------------------------------------

プロスポーツクラブのマネジメント―戦略の策定から実行まで プロスポーツクラブのマネジメント―戦略の策定から実行まで
武藤 泰明

東洋経済新報社  2006-05
売り上げランキング : 180775

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

----------------------------------------------------------------------

スポーツファイナンス (スポーツビジネス叢書) スポーツファイナンス (スポーツビジネス叢書)
武藤 泰明

大修館書店  2008-04
売り上げランキング : 95281

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

----------------------------------------------------------------------

Sport Management Review VOL.12 Sport Management Review VOL.12
SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS

データスタジアム  2009-03-01
売り上げランキング : 304961

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 

スポーツビジネス論Ⅰ 第4回 観戦型スポーツ産業 スポーツ興行団のビジネス

第4回 観戦型スポーツ産業 スポーツ興行団のビジネス


----------------------------------------------------------------------

2

----------------------------------------------------------------------

5

----------------------------------------------------------------------

6

----------------------------------------------------------------------

7----------------------------------------------------------------------

8

----------------------------------------------------------------------

9

----------------------------------------------------------------------

10

----------------------------------------------------------------------

12

----------------------------------------------------------------------

13

----------------------------------------------------------------------

14_2

----------------------------------------------------------------------

15

----------------------------------------------------------------------

16

----------------------------------------------------------------------

17

----------------------------------------------------------------------

19

----------------------------------------------------------------------
■参考文献
プロスポーツクラブのプロダクトとステークホルダーについてはこちらの文献を参照

スポーツファイナンス (スポーツビジネス叢書) スポーツファイナンス (スポーツビジネス叢書)
武藤 泰明

大修館書店  2008-04
売り上げランキング : 95281

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2011年6月27日 (月)

スポーツビジネス論Ⅰ 第3回 参加型スポーツ産業 日本サッカー協会のビジネス

第3回 参加型スポーツ産業 日本サッカー協会のビジネス

4
----------------------------------------------------------------------
 4
----------------------------------------------------------------------

6_3

----------------------------------------------------------------------

13_3

----------------------------------------------------------------------

サッカー協会の収入は代表関連事業収入に大きく依存しています。事業関連収入(スポンサー収入やライセンシー収入)も、代表のメディア価値によるものです。

17
----------------------------------------------------------------------
トリプルミッションモデルでは、「普及」と「強化」というミッションを達成するために、「市場」から必要な資金を調達することも協会の重要なミッションであると考えます。普及や強化が進めば、それをリソースにさらに市場からの資金調達を有利に進めることができます。3つのミッションをうまく連関させてそれぞれのミッションを達成することが競技団体のビジネスということになります。
----------------------------------------------------------------------
18_3
----------------------------------------------------------------------

■参考文献

トップスポーツビジネスの最前線―「勝利」「マ-ケット」「普及」のトリプルミッション (講談社BIZ) トップスポーツビジネスの最前線―「勝利」「マ-ケット」「普及」のトリプルミッション (講談社BIZ)
平田 竹男

講談社  2006-07-26
売り上げランキング : 285999

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

----------------------------------------------------------------------
「トリプルミッションモデル」の原典。
以下シリーズで計6冊ほど出ています。
----------------------------------------------------------------------
19
----------------------------------------------------------------------
20_3
----------------------------------------------------------------------
ほとんどの競技スポーツの成人の競技人口が減少もしくは横ばいであるなか、サッカーとフットサルはこの10年間増加傾向を示しています。10年前は野球の3分の1以下だった競技人口が、近年はほぼ同じ程度になっています。
----------------------------------------------------------------------
21_3
----------------------------------------------------------------------

スポーツビジネス論Ⅰ 第2回 参加型スポーツ産業 競技団体のビジネス

第2回 参加型スポーツ産業 競技団体のビジネス

5_9
----------------------------------------------------------------------
6_2
----------------------------------------------------------------------
日本体育協会加盟の中央競技団体および準加盟団体
日本サッカー協会やバレーボール協会といったメジャーな競技のほか、銃剣道やなぎなた、綱引きといった競技も。
また、各競技団体の登録者数はこちら
----------------------------------------------------------------------
10_2
----------------------------------------------------------------------

スポーツビジネス論Ⅰ 第1回 スポーツビジネスの定義と分類

第1回 スポーツビジネスの定義と分類

5_4
----------------------------------------------------------------------
7_2
----------------------------------------------------------------------
9
----------------------------------------------------------------------
10_3
----------------------------------------------------------------------
11_3
----------------------------------------------------------------------
12_2
----------------------------------------------------------------------
13_2
----------------------------------------------------------------------
16_3
----------------------------------------------------------------------
20_2
----------------------------------------------------------------------
21_3
----------------------------------------------------------------------
23
----------------------------------------------------------------------
■参考文献

SpoBizガイドブック〈’08‐’09〉
SpoBizガイドブック〈’08‐’09〉江戸川大学スポーツビジネス研究所

プレジデント社 2008-11
売り上げランキング : 310930


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2011年6月26日 (日)

被曝線量の計算について

こちらもメモですので随時更新予定。


環境放射線モニタリング指針 (平成20年3月、原子力安全委員会)
http://www.nsc.go.jp/anzen/sonota/houkoku/houkoku20080327.pdf
@hayano
【1cm線量当量率を表示する個人線量計とモニタリングポスト等の空気放射線量率の定義の違い】環境放射線モニタリング指針 http://bit.ly/lAXIHB の42頁,脚注も含めて読む.

あとで読む。

(2011/6/26追記)


ICRP勧告(1990年)による個人の線量限度の考え (09-04-01-08)
http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_Key=09-04-01-08
早野先生のツイートから
これはちゃんと読んでおきたい。

@hayano
http://bit.ly/jCvY0o でZ4511を検索すると変換係数が読める. @Mihoko_Nojiri: そういうの変換係数もらえないと暴動おこるとおもうなぁ(~~) RT @hayano: (1mSv/年は実効線量限度.http://bit.ly/iWRwDI )

@hayano
ScienceDirectにアクセス出来るなら,ICRP Pub 74の表はここ → http://bit.ly/jvfygi 解説は→ http://bit.ly/lvf78s @Mihoko_Nojiri: そういうの変換係数もらえないと暴動おこるとおもうなぁ(~~)

(2011/6/26追記)


実効線量について(weblio)
http://www.weblio.jp/content/%E5%AE%9F%E5%8A%B9%E7%B7%9A%E9%87%8F
野尻先生のツイートから
(2011/6/26追記)


■文部科学省「簡易型積算線量計によるモニタリング実施結果(その4)(概要)」(2011/6/23)
@hayano
「【MEXT 福島県内学校の先生が着用した積算線量系のモニタリング結果 6/23版】http://bit.ly/lNL3BC 校内での被曝平均年間で0.2mSvと予想.」
(以下引用)
○ 測定の結果、教職員が受けた積算線量(時間平均)は、0.03~0.3μSv/h で推移し
ており、55 校園の平均値は 0.1μSv/h であった。学校滞在時間を 1 日 8 時間、年間
200 日と仮定すれば、報告された 55 校園の平均では年間約 0.2mSv(約 0.05~約 0.5
mSv)の線量を受けることが予測される。
注)報告された 55 校園は、4 月上旬等に福島県が実施した調査において校庭 1m高さの空間線量率 3.7
μSv/h 以上(最高値は 5.4μSv/h、平均値は 4.1μSv/h)が測定された学校等であるが、その後校庭等
の表土除去等が 41 校園において行われた結果、6 月 16 日に文部科学省が実施した調査において 55 校
園の校庭等の 1m高さの空間線量率は、平均で 0.6μSv/h(0.2μSv/h~2.2μSv/h)となっている。
(引用終了)

平均0.6μsv/hのところで実際に被爆する線量が平均0.1μsv/h、積算で0.2msv/y。
これは学校でのみの被爆(1日8時間×200日)。
また、食物などを通じた内部被曝量は考慮されていない。
しかしそれでも単に空間線量を×24時間×365日したものに比べるとかなり小さいという印象。まあ校舎内の線量は屋外よりも小さくなっているわけなので。

(2011/6/26追記)


@kikumaco菊池誠
@Mihoko_Nojiri 預託実行線量には核種の違いも体内に留まる時間も含まれてるから、単にあれを足し算すればいいだけ。内部被曝で体内に留まっている時間の分も既に計算に含まれているというのは強調していい話

http://twitter.com/#!/kikumaco/status/79070922711117824
(2011年6月12日追記)


個人線量の求め方
http://senkei.c-technol.co.jp/src/manual/monitoring/8-1kosenryou.html
(2011年6月12日追記)


宇宙線実験の覚え書き
福島県内 4,400 箇所の放射線量を可視化して、ついでに年間積算被曝量も推定してみた
http://d.hatena.ne.jp/oxon/20110426/1303810008


フクシマ放射線量の評価と対応
http://togetter.com/li/124390


フクシマからの放射能【都内限定】
http://togetter.com/li/124390

2011年6月23日 (木)

自然放射線量(バックグラウンド)

日本地質学会「日本の自然放射線量」
http://www.geosociety.jp/hazard/content0058.html
理論値だがやたら高く出ている。名古屋が酷いw
野尻先生のツイートから
(2011/6/26追記)


■放射線医学研究所
全国数百点のデータを元に都道府県別に分布図が描かれている。これも結構高め。
http://rcwww.kek.jp/kurasi/page-41.pdf


■湊進(2006)日本の地表γ線量率
http://www1.s3.starcat.ne.jp/reslnote/A8_8.htm#30
大学、地方公共団体、放射線地学研究所が実際に測定した線量測定データを編集しまとめた結果。ここちらはやや低め。


■文部科学省「環境調査マニュアル~自然放射線量の測定」
文部科学省/放射線計測協会が簡易放射線測定装置「はかるくん」を貸し出して全国の自然放射線の計測を行い都道府県別の平均値。低め。


■自然被曝線量(日本)=2.4mSv/年
放射線作業従事者の年間線量限度=10mSv/年
100mSv/年以下ならがんの過剰発生が認められない(過剰発生?)
放射線医学総合研究所のHP


世界の高自然放射線地域の健康調査より
イランのラムサールで10.2mSv/年、ブラジルのガラバリで5.5mSv/年、インドのケララで3.8mSv/年(日本は0.43mv/年)。
まあ気休めにはなるかな程度の。

放射線モニタリング

こちらも自分自身のメモ。随時修正します。

全国の放射能(すごいタイトルだな)
全国の水道の放射能(タイトルw)
全国の雨の放射能濃度一覧
情報元:文部科学省/都道府県別環境放射能水準調査結果
その他、原発の線量や原子炉温度や圧力、各国気象庁の放射性物質拡散予測などへのリンクも。

■東京都健康安全研究センター
都内の環境放射線測定結果(測定場所:東京都新宿区百人町)


都内の水道水中の放射能調査結果
3/23に水道水中のヨウ素が200ベクレルを突破。


■東京都「小型放射線測定器(DoseRAE2)と TCS-166 との測定値の違いについて

http://113.35.73.180/monitoring/tonai/chigai20110622.pdf

@hayano
【東京都福祉保健局 都が貸与したDoseRAE2と都が使用しているTCS-166の測定値の違いについて】http://bit.ly/jkQvKq (なぜDoseRAE2の値はTCS-166より1.4倍ぐらい高く出るか,空気吸収線量と1cm線量当量の解説など)

(2011/6/26追記)


つくば(KEK)の放射線線量http://rcwww.kek.jp/norm/

「現在表示している線量率とグラフの値は、プレハブ室内のものですが、 換気をしていること、建物の壁が薄いこと、地面に近いこと、などから屋外での値とほぼ同じです。」(FAQより)


産総研

■文部科学省

定時降下物のモニタリング(文部科学省)
http://www.mext.go.jp/a_menu/saigaijohou/syousai/1305495.htm
(2011/6/18追記)

東京電力株式会社福島第1及び第2原子力発電所周辺のダストサンプリング、環境試料及び土壌モニタリングの測定結果
http://www.mext.go.jp/a_menu/saigaijohou/syousai/1304006.htm
(2011/6/14追記)


三重大学奥村先生による東京・福島の放射線量のグラフ
http://oku.edu.mie-u.ac.jp/rad/
見やすい!
(2011/6/8追記)


原子力資料情報室(CNIC))の放射線測定結果http://www.cnic.jp/modules/news/article.php?storyid=1022


放射線・原子力教育関係者有志による
全国環境放射線モニタリング

------------------------------------------------------------------
■@hayano
@hayano ryugo hayano
海へはYes. 降下物 http://bit.ly/j9G5J5 やダスト http://bit.ly/hZK8Lv を見ると大気中にはほとんど出ていません.@whosawwho …格納容器が壊れて漏水したりで放射性物質でっぱなしという認識は間違ってますでしょうか?
http://twitter.com/#!/hayano/status/80285795931533312
(2011/6/14追記)


■@hayano
【新宿百人町の放射線量は変じゃない】都内各地の測定結果を同じスケールで比較.百人町はむしろ高め.測定は屋上でも(平らで広ければ)OK.異なる測定地点の比較には,測定器の校正が重要. http://plixi.com/p/95532616


首相官邸「放射線モニタリングデータについて」
福島第一原発、あなたの件のモニタリングデータ、各地の原発周辺のモニタリングデータ(電力会社調べ)、各地の原発周辺のモニタリングデータ(Nネット調べ)


■文部科学省原子力安全課原子力防災ネットワーク
環境防災Nネット


東京都(新宿区)環境放射能水準と上水(蛇口)のモニタリングデータ


■@hayano
@hayano
ryugo hayano
【グラフ自動更新中 東京の水道水の放射能調査結果】3/30 浄水場でヨウ素131不検出,グラフの下の部分だけ対数目盛であることに注意! http://bit.ly/huAL9U
「都内の水道中の放射能調査結果のグラフ」
2011年3月31日(木)


■@hayano
@hayano
データ可視化大作戦,進行中.嬉しいです. http://r.diim.jp/ (by @donuzium) 皆さん頑張っておられる.データを見て考えること,とても大事です


放射線マップ

こちらも自分自身のメモ。随時修正します。


都内の環境放射線測定結果(測定場所:東京都新宿区百人町)
http://monitoring.tokyo-eiken.go.jp/monitoring/
平成23年6月15日から、都内全域の地表面から高さ5cmと1mでの空間放射線量を、シンチレーション式サーベイメータという持ち運び可能な機器により測定している結果がまとめられている。
またその結果を地図上のメッシュで表したもの
(2011/6/23追記)


東京都による板橋区の放射線量
http://monitoring.tokyo-eiken.go.jp/monitoring/tonai/d20110622.html

これをみると全然高くないのだが・・・
(2011/6/23追記)


■板橋区による放射線量測定結果
区役所前と東板橋公園等
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/036/036980.html
区立小中学校・幼稚園における放射線量の測定結果
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/037/037324.html

こちらは東京都の測定よりも2倍程度高めに出ている。測定場所の違いもあるが、測定器の違いも大きいかもしれない。というか、同じところで測れよボケw
(2011/6/23追記)


■板橋区による板橋区内の校庭、砂場、プールの放射性物質濃度測定結果
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/037/037260.html
(2011/6/23追記)


Radioisotopeさんによるマップ
同じ測定器で関西から関東まで測定しているのが素晴らしい。この結果から東京都の新宿での測定値はかなり低いと問題定義

これについてかどうかわからないが早野さんのツイート
http://twitter.com/#!/hayano/status/83827732596789248
(2011/6/23追記)


■早野先生もご推薦のnni'sさん放射線マップ
http://www.nnistar.com/gmap/fukushima.html
(2011/6/23追記)


■群馬大早川先生の放射能地図
http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-397.html
(2011/6/23追記)


■共産党東京都議会議員団による
東京都内各地の空中放射線量測定結果について
http://www.jcptogidan.gr.jp/html/menu5/2011/20110525195904.html
測定の信頼性は高いようですが残念ながら板橋区は測ってくれてないらしい。
(2011/6/8追記)

2011年6月18日 (土)

大学教員の給料

大学教員の給料に関するメモです。

主要10私立大学教員の給与
http://f.hatena.ne.jp/daigaku-syokuin/20090531232525

一部の上位校の給与です!
これが私立大学の教員の平均的な給料だと思われるとえらい迷惑ww
本学のように比較的歴史の浅い私立大学では国立大学の教員の給与に準じているところがけっこう多いようです。
(2011/6/18追記)

ブログ「教授をめざせ!」2006-03-10 大学教員の給与2
http://d.hatena.ne.jp/tenure/20060310
京都大学生存圏研究所 中村卓司助教授のホームページの記事:http://www.kurasc.kyoto-u.ac.jp/radar-group/members/nakamura/kyuryo.html
より概略。

417万(29歳)→468万(30歳)→535万(31歳)
→557万(32歳)→627万(33歳)→674万(34歳)
→703万(35歳)→728万(36歳)→864万(37歳, 助教授)
→939万(38歳)→955万(39歳)→947万(40歳)


いまの僕よりちょっと高い。
独法化して大学間で給料に格差が生じているし、少しずつ変わってきているようだ。

(2011/6/18追記)

これが私の給料だ!文部科学教官助教授、中村 卓司氏の場合.
http://www.kurasc.kyoto-u.ac.jp/radar-group/members/nakamura/kyuryo.html

うわ。

(2011/6/18追記)

平成21年度 国立大学教員の「人数・年齢・年収」一覧(国立大学職員日記)
http://blog.goo.ne.jp/la_old_september/e/300ec77130f71cd49022f8694d93f1f0

(2011/6/18追記)

 

2011年6月13日 (月)

サーベイメータ

こちらもメモ。随時更新予定。


■野尻美保子先生「ガイガーカウンターミーティングのスライド、グラフ等
http://nojirimiho.exblog.jp/13821646/
(2011/6/28追記)


ガイガーカウンターミーティング、記録について
http://shinonome-do.cocolog-nifty.com/611gcm/2011/06/post-2362.html
これいきたかったなぁ。
でもガイガーまだ持ってないしなぁ。
(2011年6月12日追記)

2011年6月 9日 (木)

放射性物質の拡散について

こちらも自分自身のメモ。随時修正します。


■ヴィジブル インフォメーション センター社による拡散予測シミュレーション広域版

@hayano
【ヴィジブル インフォメーション センター社による拡散予測シミュレーション広域版】http://bit.ly/ks3f0w (以前公開た福島第一近郊版 http://bit.ly/kbjPZO とセシウム降下量 http://bit.ly/l0uCno の続編)

ヴィジブル インフォメーション センター社による拡散予測シミュレーション広域版
http://www.vic.jp/fukushima2/index.html

福島第一近郊版
http://www.vic.jp/fukushima/index.html
セシウム降下量
http://www.vic.jp/fukushima/global/global.html

(2011/6/23追記)


原発事故の時系列推移についてはこちらを参照。

原子力緊急事態・時系列(3月11日~14日)
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/fukushima_nuclear_plant/wiki_header/?hn=7

原子力緊急事態・時系列(3月15日~18日)
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/fukushima_nuclear_plant/wiki_header/?hn=8

@hayano 氏による連続tweet - 福島で 3/15に何が起きたか?
http://togetter.com/li/119437

放射性物質「3月15日に福島原発より大量放出。以降、大気への大量放出は起きていない」早野龍五教授が最近の測定とシミュレーションで結論 http://getnews.jp/archives/108522

日本分析センター発表について:Xe-133(半減期約5日)は,ヨウ素131などと同様,核分裂片.使用済みプールからは出ない.3/16を最後にXe-133は見えていない→大放出は無い. http://plixi.com/p/8869618
http://twitter.com/#!/hayano/status/53935492772798464

日本分析センター 福島第一原子力発電所 事故関連
http://www.jcac.or.jp/fukushima.html
http://www.jcac.or.jp/lib/senryo_lib/nodo.pdf

3/21に鋭い大量放出があったことは各地のデータから明らかなのに,福島第一のモニタリングでは捕捉されていない. http://twitter.com/#!/hayano/status/74639910434377728

牧野さんは早川さんが解釈を変えたと言ってるんだけど、
http://jun-makino.sakura.ne.jp/Journal/journal-2011-05.html
これって逆説的表現ではないのかなあ。
福島第一のモニタリングで補足されていないのに21日に大放出があったかのうような観測が各地でなされるのはなぜか?
まあわかりませんが。

→逆説的表現ではなかった模様。下記参照(2011/6/30追記)


東電による第一原発モニタリングカーの結果をみると
http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu11_j/images/110608b.pdf
21日特に値が高くなってるわけではなさそうだけど・・

とはいえ飯舘村の汚染は早野さんの関東迂回説より牧野さんの説明の方が合理的にみえるなぁ
http://jun-makino.sakura.ne.jp/Journal/journal-2011-04.html#4

ただこのgradiの15日のシミュレーションをみると、
http://www.kfcr.jp/gradi.html
関東を迂回したというより福島上空を漂ってた放射能雲の塊がそのまま北西方向に向かって雪で落ちたという感じにみえる。まあこれはほぼ牧野説になるか。

というより21日の放射線の上昇は雨によるものということだけど、そのとき落ちてきたのは新しく第一原発から放出されたものなのか、あるいは15日大放出によって空気中に漂っていたものが落ちてきたのか。
上記gradiのシミュレーションは22日に放出があったものとして計算されている。というより平生から放出されていると仮定されているのかな?

→実際は24日頃までだらだらと大きめの放出が続いていた模様。下記参照。(2011/6/30追記)


荻窪の校庭から放射線管理区域並の土壌汚染が検出される
http://togetter.com/li/146004
実際は5cm採取が必要なところ2cmだったので数値は参考程度。とはいえ高いのは確か。
子供の幼稚園のが気になる。
(2011/6/10追記)


福島県下の土壌中の放射性ストロンチウムの測定結果
http://naomemo.cocolog-nifty.com/macdecocolog/2011/06/post-522c.html
(2011年度6月12日追記)


@hayanoryugo

【保安院 福島第一から放出された放射性物質の拡散状況を把握するための試算の公表 6/11】http://bit.ly/lEx4Hm ここに掲載されているPDFよりも,こちらのhtmlを見るほうが良い→ http://bit.ly/jBBBFI
http://twitter.com/#!/hayano/status/79782674511822848

東京電力福島第一原子力発電所から放出された放射性物質の拡散状況を把握するための試算の公表について
http://www.meti.go.jp/press/2011/06/20110611002/20110611002.html

福島第一原子力発電所における放出時期の影響について確認するために行った計算結果一覧
http://www.nisa.meti.go.jp/earthquake/speedi/230611/230611.html

(2011/6/12追記)


原発北西で高い線量…放射性雲と雨で地表に
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110613-OYT1T00752.htm
(2011/6/14/00時45分 読売新聞)

関東迂回説ということではないということかな?


2011年3月20日、隠蔽された3号機格納容器内爆発
早野さんは3/15日放出分の関東迂回説は撤回しており、今は3/21には別の放出があったと考えているらしい。

ishtarist 岡田直樹 @hayano 不躾ながら質問よろしいでしょうか?以前に、大規模放出は3/15以降なく、3/21のフォールアウトは雨によるものだ、という説を提唱されていたと記憶しております。その後、5月末のツイートを拝見したところ、20日前後に放出があった可能性を示唆されているように見えました。 http://twitter.com/#!/ishtarist/status/86025459539779584

ishtarist 岡田直樹
@hayano 当初の説は、撤回されたと考えてよいでしょうか?それとも、まだ、可能性としてはありうると考えていらっしゃるのでしょうか?くだんの説は、社会的影響力が非常に大きく、そのまま信じている人が多いため、現在の早野先生の見解を是非お訊きしたく存じます。
http://twitter.com/#!/ishtarist/status/86025900604407808

hayano ryugo hayano
@ishtarist ご質問ありがとうございます.3/21早朝ににプルームが茨城を通過した様子など,これまでにも繰り返しツイートしております,3/15の物とは別のプルームが南下し雨によって地面に落ちました.
http://twitter.com/#!/hayano/status/86027713198043136

ishtarist 岡田直樹
@hayano お返事ありがとうございます。ということは、15日までに放出されたという以前の説は、基本的には撤回されたと考えてよろしいでしょうか?
http://twitter.com/#!/ishtarist/status/86031356634742784

hayano ryugo hayano
@ishtarist はいtwilogをまだ調べてないのですが,かなり前にそのように認識しました.
http://twitter.com/#!/hayano/status/86032057393881088

ishtarist 岡田直樹
@hayano 了解しました、お手数おかけいたしました。ありがとうございます
http://twitter.com/#!/ishtarist/status/86032239808352256

ちなみにこのブログの作者の岡田さんは社会学者のようなのだが、かなり詳細な分析をしている。一部?というところはあって「格納容器内爆発」というのはどうかなと思うのだけど、それに近い事象があったのかもしれない。再臨界はうーん。
(2011/6/30追記)


早野先生のtwilogから「茨城」で検索。

@hayano
(参考:再再々掲)3/21の午前4-5時に茨城を通過した放射性物質を含む空気塊の様子 http://bit.ly/jaWZfq と,シミュレーション http://bit.ly/laAZkl(3/21の朝の放出が福島第一正門では補足できていないことがシミュレーション精度に影響)
http://twitter.com/#!/hayano/status/73923069764317184

3/21の午前4-5時に茨城を通過した放射性物質を含む空気塊の様子 http://bit.ly/jaWZfq

福島第一発電緊急事態 大気放出に係る事故解析 結果

(2011/6/30追記)


■東工大・牧野さんのプレゼン「福島原発事故で起こったこと─シュミレーションから考える

大規模放出は3/15-16と20-21(詳細不明)

(2011/6/30追記)


■牧野さんのツイート

@jun_makino
http://www.kantei.go.jp/jp/topics/2011/pdf/app-chap06.pdf 添付 VI-1  ヨウ素 131 とセシウム 137 の大気放出量に関する試算 だと、

    http://twitter.com/#!/jun_makino/status/86002847895916544

    福島第一原子力発電所2号機の取水口スクリーン付近
    のコンクリート亀裂部からの流出量について

    @jun_makino
    3/15 は、 10^16Bq/h 、 6 時間の放出
    http://twitter.com/#!/jun_makino/status/86002852861984768

    @jun_makino
    その後は 3/24 までずっと ( であることに注意 ) 10^14-15Bq/h
    http://twitter.com/#!/jun_makino/status/86002857458933760

    @jun_makino
    その後はオーダーが下がるが放出は続く となっている。これ自体は安全委員会の 4/12 発表による、とのこと。
    http://twitter.com/#!/jun_makino/status/86002864404692992

    @jun_makino
    ということは、安全委員会と保安院の見解は、 3/15 だけに放出があったわけでも 3/21 に鋭いピークがあったわけでもなくて、 3/24 までずっとだらだら放出 していた、というもの。
    http://twitter.com/#!/jun_makino/status/86002869106524160

15日から24日までだらだらと放出、その後減少。
ちなみにこの間、東京(新宿)の空間線量は0.15μsv/hまで上昇。
その後の減衰はヨウ素の減水率とほぼ一致?
つまり新たな放射性物質の飛来はほとんどないようだ。
#新宿のデータは値が低いとか言われてるけど、こんな感じで原発事故以前からの数値を相対的に比較するためのもの。


異論?

@yoh_tanimoto
@a_watcher @MasakiOshikawa @ishtarist 保安院の解析はこれmeti.go.jp/press/2011/06/… だと思いますが、どのケースを見ても最長で144時間、3/17日までです。ほかの解析はあるのでしょうか?@jun_makino
http://twitter.com/#!/yoh_tanimoto/status/85982144832352256

東京電力株式会社福島第一原子力発電所の事故に係る1号機、2号機及び3号機の炉心の状態に関する評価について

(2011/6/30追記)


(こちらは過去記事)
■@hayano 氏による連続tweet - 福島で 3/15に何が起きたか?
http://togetter.com/li/119437
東京大学理学部の早野教授によれば、3月15日の福島第一原発2号機の水素爆発によって放出された放射性物質は北西の風に乗って関東を迂回しその後福島に戻って3月21日の雨で飯館村に落ちたと推測しています。
この推測が正しいとすると、雨のタイミングによっては東京を含む関東のどこかに飯館村と同様の線量の地域が現れてもおかしくなかったということになりますが、その後の補足で大放出後の放射性物質の経路は2つあり、飯館村に落ちたのは別経路ではないかという推測も。
2011年4月7日(木)

Air flow to Tokyo on 22-Mar 2011

■@hauano
@hayano
(本学の某先生が,近々福島第一2号機で水素爆発が起こり,東京がパニックになるのが怖いと言われたとか,風の噂が届いたが,ちゃんとデータ http://toofuya.blogspot.com/ を見てのことだろうか.心配.)
Fukushima Dai-ichi Nuclear Plant Parameters
http://toofuya.blogspot.com/
2011年4月2日(土)

■@hayano
@hayano
ryugo hayano
【海の汚染を推測するシミュレーション】出つつあります.http://bit.ly/eFNm3C とか,http://bit.ly/hqHSGW .


■@hayano
@hayano
(参考出品)モニタリングカーが測定した空間線量率 http://bit.ly/gqShaD と,SPEEDIの計算結果 http://bit.ly/e71c0M を重ねてみた.考察は各自で. http://plixi.com/p/88549770
2011年4月1日(金)

(つづく)

2011年6月 7日 (火)

東葛ホットスポットのまとめ

東葛地域が周辺よりも放射線量が高い「ホットスポット」になっている件のまとめです。
※この記事は僕の半分は僕のメモ用です。随時修正変更していきますのでご了承下さい。

流山市独自での放射線量調査の結果(2011年6月9日)
http://www.city.nagareyama.chiba.jp/top/hosyano_top.html
流山市TOP>放射線量率の測定結果について
http://www.city.nagareyama.chiba.jp/top/hosyano.html
流山市が放射線を測定しています。
「各地の放射線量は、文部科学省が示している校舎・校庭等の利用判断における暫定的な目安(1時間あたり3.8マイクロシーベルト)、さらには、放射線量低減策を実施する場合の指標(1時間あたり1マイクロシーベルト)を下回りました。」
というのはツイッターの危険厨には通用しないだろうな。

マップにしたものはhttp://maps.google.co.jp/maps/ms?hl=ja&brcurrent=3,0x6022185bef27c217:0x9a4afb839b78c580,0&ie=UTF8&view=map&ctz=-540&source=embed&msa=0&msid=209018975700542766571.0004a546e088a85a6cebf&ll=35.890719,139.911919&spn=0.083441,0.102997&z=12">こちらhttp://maps.google.co.jp/maps/ms?ie=UTF8&hl=ja&brcurrent=3,0x60189b955f3943ad:0x89374cc7efba088f,0&msa=0&msid=209018975700542766571.0004a5460baa9ccc49f04&ll=35.873439,139.927343&spn=0.09737,0.145912&z=12&source=embed">こちら

(2011/6/18追記)


群馬大学で火山学がご専門の早川由起夫さんのブログ
http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-385.html

地図の直リン

すべての出展が明記されていませんが、公的、私的なさまざまな測定値を使っています。
測定器や測定方法は統一されてないようです。

ホットスポットを線で囲んでいますが東京大学柏キャンパスと並んで江戸川大学がど真ん中に(^ ^;)

こちらの@ninstarさんの地図の方が見やすく、また出展が詳細に記されています。
http://www.nnistar.com/gmap/fukushima.html


■早川由起夫さんによるトゥギャッター

東葛汚染スポット発見と社会的認知の経緯
http://togetter.com/li/141497
よい仕事をしていらっしゃいます。「4月9日に自分が最初に見つけた」という自慢と「東京は大丈夫といってた連中は反省せよ」という後出しじゃんけんが鼻につきますがw

#せっかくよい仕事をしているのだからもう少しうまく表現したりコミュニケートすればもっといろいろスムースにことが運ぶと思うのだけど、良くも悪くも研究者とはこういうものですからw
#ただ彼がこの件でKEKの野尻先生を「安心デマを広げている」とdisるあたりは(偏った見方です)むしろ研究者らしくないナイーブな振る舞いにみえます。まあ人それぞれいろいろあるのでしょう。


一方、6月2日には日本テレビが東葛ホットスポットの話題を取り上げたということです。
柏がホットスポット 日本テレビ6月2日夕方ニュース
http://togetter.com/li/143430


■市民の要望を受けて自治体も独自に測定し始めています。

松戸市
http://www.city.matsudo.chiba.jp/var/rev0/0009/1594/201161171452.pdf

柏市による市立幼稚園、小・中・高等学校における空間放射線量の測定結果
http://www.city.kashiwa.lg.jp/soshiki/270100/p008507.html
測定場所:校庭・園庭内の中央付近(土)
測定機種:富士電機株式会社 型式NHL2 「はかるくん2」
説明文の表現が変わりましたね。
「しかしながら、問題の長期化が懸念される中、学校等における早期の安全対策の実施を求めるご意見、ご要望も多数寄せられております。こうしたことから、今後、国、県及び市で新たな指針、対策等が示されるまでの当面の対策といたしまして、お子様の被曝量を少しでも少なくするための対策を検討、実施してまいります。具体的な対策につきましては、早期に実施が可能なものからとなりますが、近日中に各学校を通じて保護者の皆様にお知らせしてまいります。」(2011年6月10日追加)

野田市長が国に申し入れをしています。(2011年6月6日)
http://www.city.noda.chiba.jp/osirase/pdf/20110311jisin-219-2.pdf
「年間1ミリシーベルトを超えていますが、市民生活や学校生活は心配なく送れるのかご教示願います。」
「年間1ミリシーベルト以下を目指すとしていますが、現時点で超えている場合、市や学校ではどのような放射線量低減策を講じたらよいかご教示願います。」
「1時間当たりの放射線量の計算式における屋外活動時間を1日8時間としておりますが、幼児や児童生徒の教育活動や帰宅してからの生活実態を考慮すると、屋外活動時間8時間は長すぎると考えますが、この根拠をご教示願います。」
(2011/6/10追加)


■ちなみに一般の方で本学近くを測定している方の地図がこちら
柏周辺ホットスポット疑惑地図

こちらはかなり高い数値になっています。
放射線測定は結構難しいらしく、測定機種や測定方法によってかなり値がブレます。
一般の方が間違った測定方法で測ってみたら数値が大きかったのでびっくりして騒ぎ出すということが、ツイッターなどで一時期頻繁にみられました。

#有名なのはソフトバンクの孫さん・・
もしかして:孫正義@masason はガイガーカウンターの使い方を間違えて、間違った高い数値を出してる
http://togetter.com/li/137165

■柏、松戸、流山、三郷のホットスポット

(つづく)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年7月 »

ツイッター