書籍紹介

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2013年4月 1日 (月)

Sports Policy For Japan 2012澤井ゼミ発表レジュメ「町田を幸せにするスタジアム」2012年10月20日

すっかり遅くなってしまいましたが、2012年10月20日立教大学で行われた笹川スポーツ財団主催の「Sports Policy For Japan」での澤井ゼミの発表レジュメです。ご協力いただいた皆様に深く感謝いたします。

「201210spjweb.pdf」をダウンロード

20120913_203949

2012年9月13日「ゼルビアを支える会」インタビュー

20121004_162125

2012年10月4日 町田ゼルビア唐井GMインタビュー

Dsc07935

@日産スタジアム

Dsc08126

@味の素スタジアム

Dsc08321

@日立柏サッカー場

P1150204

発表直前の余裕の表情。

P1150231

お疲れ様でした。

2013年3月30日 (土)

「桜美林大学でスポーツビジネスを学ぶ」

桜美林大学学生向けです。
以下は、健康科学専修とビジネスマネジメント学群の講義の中から、スポーツビジネスの学習に役立つと思われる講義をピックアップしたものです。
ビジネスマネジメント学群の講義については山口有次先生にアドバイスをいただき、健康福祉学群の学生でも受講可能なものを選んでいます。
ぜひカリキュラム作成の参考にしてください。

2013_3

注;
・2012年度履修ガイドを基に履修モデルを作成しています。僕の「スポーツ組織論」「スポーツマーケティング」は、2011年度入学生は履修できません(「スポーツマーケティング」については教務に確認中)
・講義名の横の数字は単位です。
・時間割までは考慮していないのでこの通りに履修できるとは限りません。
・春学期、秋学期の考慮はしていません。
・先修順序もきちんと考慮していません。
・特に2年次以上履修可能の科目については適宜時間割に合わせて履修数年度を調整してください。

2013年3月23日 (土)

笹川スポーツ財団/日本スポーツ産業学会 共催講演会 「フラッグフットボールはなぜ普及に成功したのか」

笹川スポーツ財団/日本スポーツ産業学会 共催講演会(4月17日)開催のご案内

「フラッグフットボールはなぜ普及に成功したのか」

笹川スポーツ財団と日本スポーツ産業学会は共同で標記の講演会を開催する
ことといたしました。フラッグフットボールというマイナースポーツ(失礼!)が普及
略を立案し、小学校の学習指導要領に取り入れられるとともに多くの成果をあ
げていく過程について、フラッグフットボール協会専務理事 町田光 先生をお
迎えしてお話を伺います。競技普及、そしてひらくスポーツの普及を目標にしてい
らっしゃる競技団体や行政の方々、そしてスポーツの普及を研究している方々
ご参加をお待ち申し上げます。詳細は添付ファイルをご覧ください。

<開催日時> 2013年4月17日(水) 18:00~19:40
<場 所> 日本財団ビル2階会議室
                      東京都港区赤坂1丁目2番2号
アクセスはこちら→http://www.nippon-foundation.or.jp/about/access/

<次 第>
18:00 開会ご挨拶 (公財)笹川スポーツ財団常務理事 渡辺 一利
18:10 講演 「フラッグフットボールはなぜ普及に成功したのか」
日本フラッグフットボール協会専務理事 町田 光 氏
19:30 総括コメント 早稲田大学教授 武藤 泰明


参加費:一般2,000円、学生1,000円(当日会場でお支払いください。)
申込方法:学会ホームページhttp://www.spo-sun.gr.jpよりお申込みください。
問合せ先:日本スポーツ産業学会事務局 jssi@spo-sun.gr.jp

【お知らせ】※事務局移転に伴い、2012年10月より
所在地・TEL・FAX・Eメールが変更となりました。

» 続きを読む

2013年3月 1日 (金)

国際シンポジウム「オリンピック・パラリンピックの将来像」

◎国際シンポジウム「オリンピック・パラリンピックの将来像」
開催趣旨:国内外の専門家がオリンピック・パラリンピックの重要性について様々な観点から議論し、オリンピック・パラリンピックの将来像を模索します。
主催: 早稲田大学スポーツ科学学術院
後援: 外務省、文部科学省
助成: 独立行政法人国際交流基金
主管: 早稲田大学スポーツ政策研究室
日時: 平成25年3月15日(金) 13:30~17:30
会場:早稲田大学14号館B101教室(243名収容)
 
<プログラム>
■基調講演: 「1988年ソウルオリンピックがもたらしたインパクト、2018平昌オリンピックがもたらすインパクトについて」
        鄭 柄國(チョン ビョングク) (元韓国文化体育観光部長官)
■ショート・スピーチ:「2012年ロンドンオリンピックの招致・開催の成功に影響を与えた社会的要因」
            アラン・トムリンソン(ブライトン大学チェルシー校教授)
■パネルディスカッション: 「オリンピック・パラリンピックの将来像」 
  パネリスト:  小倉和夫(東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会評議会事務総長、元韓国大使、元フランス大使)
            アラン・トムリンソン(ブライトン大学チェルシー校教授)
            真田 久(筑波大学体育系教授)
            結城和香子(読売新聞編集委員)
  コーディネータ:間野義之(早稲田大学スポーツ科学学術院教授)
参加費: 無料
言語: 日本語、英語(同時通訳あり)
■申込方法:参加をご希望される方は、
下記の必要事項をご記入の上、メールに
てお申し込み下さい。
【3月13日(水)締切】
(1)氏名(ふりがな)
(2)ご所属
(3)連絡先(メールアドレス・電話番号など)
(4)同時通訳機の使用の有無
■お問合せ・申込先:早稲田大学スポーツ政策研究室
  sportpolicy@list.waseda.jp

2013年1月 7日 (月)

専修大学「スポーツ科学論」の参考文献・資料

今年度から非常勤で伺っている専修大学「スポーツ科学論」の参考文献と資料を挙げておきます。受講生向けです。

■トレーニング科学
■人種とスポーツ
■プロレスと総合格闘技

2012年7月 3日 (火)

大相撲の八百長問題 (「スポーツ文化論」レジュメ)

「スポーツ文化論」のレジュメ、「大相撲の八百長問題」です。
どうぞ!

「2012972003.pps」をダウンロード


 

2012年6月11日 (月)

芸能人家族の生活保護受給問題

講義で用いた資料をまとめておきます。
このテーマは香ばしい方が湧いてくるのでコメントは禁止とさせていただきますw

■河本準一さん会見まとめ
1.15,6年前、母は病気のため働けなくなり、自分で生活保護の手続きをしてきた。河本氏に福祉事務所から連絡があったが、当時の年収は100万円を切っており、生活費の援助ができなかった。そこで生活保護受給が始まった。
2.数年後(5年ほど前)、全国のテレビ出演ができるようになり、福祉事務所から援助の問い合わせがあったため、援助を開始した。この援助額については福祉事務所に連絡してあり、その分が生活保護から減額されている。援助額は不明。
3.さらに数年後、事務所から援助増額の相談があり、増額した。その分はもちろん生活保護から減額されている。援助額は不明。
4.受給の打ち切りについては半年ほど前より話し合いの場を設けていたが、最終的には今年3、4月ごろに母親が「これ以上迷惑はかけられない」と打ち切りを決めたと明かした。吉本興業によると、週刊誌の報道を受けて決めたという。
5.今後は、河本さん自身が「テレビにたくさん出られるようになった」と認識している5、6年前からの受給分を返還していくことを検討している。

もっと自分がしっかりしていれば…河本準一さん涙で会見(livedoor) - livedoor ニュース

■保護の要件
生活保護は世帯単位で行い、世帯員全員が、その利用し得る資産、能力その他あらゆるものを、その最低限度の生活の維持のために活用することが前提でありまた、扶養義務者の扶養は、生活保護法による保護に優先する

厚生労働省「生活保護制度」

■厚生事務次官通達「扶養義務の取り扱い」
「…民法上の扶養義務は、法律上当然の義務ではあるが、これを直ちに法律に訴えて法律上の問題として取り運ぶことは扶養義務の性質上なるべく避けることが望ましいので、努めて当事者間における話合いによって解決し、円満裡に履行させることを本旨として取り扱うこと」

介護の再生「助け合える家族がいれば、生活保護を受けられないのでは?」

■生活保護制度の運用
1.生活保護制度の運用上、扶養義務者の扶養は保護利用の要件とはされていない
2.成人に達した子どもの親に対する扶養義務は、「その者の社会的地位にふさわしい生活を成り立たせた上で、余裕があれば援助する義務」にすぎない。
3.しかも、その場合の扶養の程度、内容は、あくまでも話し合い合意をもととする
4.もし、扶養の程度、内容が、扶養義務の「社会的地位にふさわしい生活を成り立たせ」ることを前提としても、なお著しく少ないと判断される場合には、福祉事務所が、家庭裁判所に扶養義務者の扶養を求める手続きが生活保護法77条に定められている

生活保護問題対策全国会議のブログ「生活保護制度に関する冷静な報道と議論を求める緊急声明」

■生活保護制度の現状
生活保護費の不正受給が2010年度に約2万5千件(前年度比29%増)、総額は約129億円(同26%増)にのぼったことが、厚生労働省のまとめで分かった。件数、総額ともに過去最悪だった。厚労省が1日、全国の担当課長会議で集計結果を示した。
10年度の生活保護費は総額3兆3300億円で、不正受給分はこの約0.4%にあたる。不正の中で、生活保護を受けられる基準から外れたとして、保護の中止や減額につながったのは約7千件だった。
不正受給の内訳では、働いて得た収入があるのに申告しなかったケースが最も多く43.5%。次いで年金の無申告が27.7%だった。このほか、借金先の消費者金融から過払い金を取り戻せたのに申告していなかった例もあった。

朝日新聞「生活保護不正受給、過去最悪の129億円 10年度」 2012年3月1日

■弁護士の見解

Lawcusさんによる「三親等以内の扶養義務について」

黒葛原歩弁護士による河本準一さんの問題を中心とした生活保護についての分析  #生活保護 #不正受給 #ナマポ #吉本興業 #河本準一 #河本 #片山さつき #世耕弘成

■生活保護の保護率は2.7%(2009年)
ドイツ9.7%、イギリス9.3%、フランス5.7%

社会実情データ図録「生活保護世帯数と保護率の推移」

生活保護問題対策全国会議のブログ「生活保護制度に関する冷静な報道と議論を求める緊急声明」

※国ごとの制度の違い?

■日本における生活保護の捕捉率は従来の研究によると10~20%
2010年厚生労働省の試算によると32.1%~75.8%(用いる調査データによって異なる)
厚生労働省社会・援護局保護課「生活保護基準未満の低所得世帯数の推計について」2010年4月9日

一方、イギリスでは87%、ドイツは85-90%
(細かいデータ分析■実態の把握――貧困率 活用になお課題”. 朝日新聞 (朝日新聞社): 朝刊、第13版、第3面. (2009年11月19日))

■その他関連ページ
NAVERまとめ「「生活保護」について知っといたほうがいいこと」

土佐のまつりごと

■生活保護受給世帯の44%は高齢者世帯、母子世帯8%、傷病者世帯23%、障害者世帯12%、その他の世帯13%

国立社会保障・人口問題研究所

生活保護年齢構成比・男女比
被保護人員、 級地・単身世帯-その他世帯・性・年齢階級別  (厚生労働省:平成21年被保護者全国一斉調査)

■まとめ(私見)
1.河本さんの母親に対する扶養義務は「生活扶助義務」であり、実際、個別の事情に配慮した柔軟な運用がされている。これは厚生省事務次官の通達にもあるようにフォーマルルールである。従って河本さんの収入の如何は母親の生活保護費受給の要件ではなく不正受給にはあたらないし、不正を疑うようなケースとも思われない。
※ただし、河本さんの母親が河本さんから受け取っていた仕送り額を過少に申告していた場合は問題になるかもしれない。

2.つまりこれは「フォーマルルール」の問題ではなく、扶養義務をいかに果たすかという「モラル」の問題

3.自民党議員の主張の本質は「不正の追及」ではなく扶養義務を強化するという「ルールの書き換え」。ルール違反でないものを、「芸人」「年収5,000万円」「不正受給」といった目を引く単語で煽るのは、たとえ不正受給を正したいという動機づけがあったとしてもミスリーディングでありフェアなやり方ではない。

#ちなみにこうしたやり方については名誉毀損の可能性も高いという。
黒葛原歩弁護士による河本準一さんの問題を中心とした生活保護についての分析  #生活保護 #不正受給 #ナマポ #吉本興業 #河本準一 #河本 #片山さつき #世耕弘成

4.生活保護費増加の主要因は経済の悪化と人口構成の高齢化。不正受給は問題ではあるが対策のプライオリティがそれほど高いとは思えない

5.一方、親族の扶養義務の強化は国としては人口高齢化のリスクと社会保障のコストを家族に転嫁するもの。その影響は受給者だけでなく受給者を親族にもつ世帯にも及ぶ。その外部効果については慎重な検討が必要なはずである。

6.一方、「芸人の年収5,000万円」がどのような金額か?家計・生計に関する基礎的な知識、他者の生活に対するイマジネーションが必要ではないだろうか。

河本さんは貧困の母子家庭出身。30歳前半まで薄給の芸人だったから貯蓄や資産はほとんどなかったのではないだろうか。ブレイクしてからわずか5年。年収5,000万円といっても税率も高いしその額が50歳まで貰える保証はない。妻と子ども2人いてそんなに余裕があるとは思えない。(自分とは違って)子どもには大学行かせたいとか資産を残してやりたいと思っているだろうし、河本さんのお母さんもそう考えて自分は生活保護でってことにしたんじゃないかとかお人好しの僕は思ったりするんだけど違うかな?

「毎日飲み歩いてた」「後輩に一晩で100万円奢った」とか一般人の感覚で芸人をdisっても仕方ない。というかある種の仕事の方なら「毎晩飲み歩く」ことの仕事的な意味はよくわかるでしょう。

猫ひろしさんのときもそうだけど、やむにやまれずリスク取った人間の足を引っ張りたがる傾向にはウンザリします。社会全体が本当に寛容性を失ってるのがとても気になるところです。

2012年2月11日 (土)

スポーツビジネス論

「スポーツビジネス論」の講義資料です。
受講生の皆さんは復習にご利用下さい。
未受講の方は受講の参考にしてください。

第1回 スポーツビジネスの定義と分類

第2回 参加型スポーツ産業 競技団体のビジネス

第3回 参加型スポーツ産業 日本サッカー協会のビジネス

第4回 観戦型スポーツ産業 スポーツ興行団のビジネス

第5回 観戦型スポーツ産業 Jリーグのビジネス

第6回 プロ野球のビジネス

第7回 野球界の制度

第8回 スポーツリーグのビジネス

第9回 わが国のスタジアムビジネス 第10回 北米のスタジアムビジネス(ボールパークの変遷) 第11回 欧州のスタジアムビジネス(伝統と革新)

(つづく)

2011年10月 2日 (日)

汚染の基準(メモ)

練馬区の放射線量測定における「対応基準値」の考え方
「年間1ミリシーベルト以下を基に、毎時の値を算出します。その条件として、一般の人の生活モデルとして国の原子力安全委員会で採用している方法を参考にし ます。1日8時間屋外活動を行い、残りの16時間は木造の家屋にいると仮定しています。木造の家屋にいた場合の「低減係数」は、原子力安全委員会発行の 「原子力施設等の防災対策について」※1に記載されている「平屋あるいは2階だての木造家屋0.4」を使用しています。」
「★ 1000マイクロシーベルト/365日/(8時間 + 0.4<低減係数> × 16時間) = 0.19マイクロシーベルト/時
 この0.19には、自然放射線量が含まれていません。そこで、東京都の示す自然放射線量の国内平均値である0.05マイクロシーベルト/時※2を加算します。
★ 0.19マイクロシーベルト/時 + 0.05マイクロシーベルト/時 = 0.24マイクロシーベルト/時
0.24マイクロシーベルト/時 を練馬区の 「対応基準値」 としました。」
「1)呼吸による内部被ばくは、空気中の放射性物質が問題になりますが、現在東京都産業労働局の大気中の放射性物質の測定結果※1) によると、ほとんど検出されていません。
2)食物摂取による内部被ばくについては、現在暫定規制値を超える飲食物は市場に出ていないこと、国が食品を通じた放射性物質の健康への影響について検討中であることから、今回の計算に含んでおりません。」

「原子力施設等の防災対策について」  112ページ(原子力安全委員会)

東京都健康安全研究センター 放射能QA環境編 

深刻!これが首都圏セシウム汚染の実態だ!千葉・松戸、東京23区

「千葉県柏市や松戸市などの土壌中のセシウムは1平方メートル当たり6万~10万ベクレル、放射線量は毎時0・2~0・5マイクロシーベルトと高かった。埼玉県南東部の三郷市や西部の秩父市でも同様に高い地域があった。」
「チェルノブイリ原発事故では、強制避難の基準は55万ベクレル以上ながら、3万7000ベクレル以上が「汚染地域」とされていた。」
「文科省によると、毎時0・2マイクロシーベルト以上だと年間被ばく線量が一般人の被ばく限度の1ミリシーベルトを超える恐れがある。」

2011年9月17日 (土)

スカイボックス(ラグジュアリー・ボックス)(下書き)

「スポーツビジネス論」のレジュメアップ下書きです。
ちょっと必要に迫られたので「部屋付きの特別観覧席」についてのメモです。

スタジアムに設置された部屋付きの特別観覧席のことを「スカイボックス」とか「ラグジュアリーボックス」、あるいは「ビジネスボックス」などと呼びます。スタジアムによって呼び名はそれぞれで一般名称というのはないようですが、とりあえずここでは「スカイボックス」で統一します。

まず、日産スタジアムの「スカイボックス(?)」です。
ちゃんと聞いてないのですが後から付け足したような(たぶんそう)簡易のもので最悪なのは一般席と導線も目線も全く同じこと。下の図のテラス席の横を一般席のお客さんが通りますから完全に見世物ですw
#全然”スカイ”じゃない(^ ^;)

16

17

次は「千葉マリンスタジアム(現QVCマリンフィールド)のスカイボックスです。

15
17_2
18

こちらは2006年に千葉ロッテマリーンズが指定管理者としてスタジアムの経営権を取得した後、大幅改装を行って増築されたものです。部屋数は30だったと思います。
一般席とは完全に分離された外付けされたエレベータから入室でき、清潔感のあるシンプルな内装が好印象でした。

19

弱点はテラス席がなく室内から試合をみるしかできないのと、上図のように一階の一般席との分離が不完全なのが残念なところです。

国内でもっともスカイボックスが充実しているのは福岡ヤフードームでしょう。

「スーパーボックス」と呼ばれる特別観覧席は一般席との分離も完璧で広くて内装も豪華。テラス席も完備。これが136室設置されています。

11
20_2
22_2
23_2
24


«ボランティアが復興を妨げる

ツイッター